「誠実であること」を大切に

【経歴】
新卒で入社したフォワーディング会社にて、海上輸出に関する貿易書類や請求書作成などに従事。
その後、住宅設備会社にて契約書、請求書、伝票などの書類作成を担当。
かねてより興味があったアパレル分野においてTGYと出会い、都内百貨店での店舗勤務を経て本部へ異動。
学生時代に出会ったゴルフ、仕事、ファッションへの興味関心が相関図のように結びつき、ヒト、モノとの出会いがすべてのベースとなっている。

Q. 現在の業務を教えてください
A. 社内外への支払い、請求に関わる経理業務、そして、お取引先、海外とのOEMに関わるアシスタント業務を担当しています。どの業務においても正確に行うことを一番大切にしています。
生地見本、サンプル見本、仕様に関する打ち合わせ、輸入~納品までの書類管理といったものを行っており、商品を無事にお客さまへお届けできたときは、安堵と達成感を感じています。

Q.仕事をする上での『モットーや夢』をひと言で教えてください
A. 「誠実であること」をモットーにしています。
1.相手を思いやる
2.約束を守る
3.嘘をつかない
4.素直に認める
誠実であるために4つの行動に気をつけています。仕事は個人の力では成り立ちません。お取引先や仲間から信頼され、任される人になりたいと思っています。

Q. 会社での働き方(ワークライフバランスなど)を教えてください
A. フレックスタイム導入によりプライベートと仕事の両立が可能になりました。そしてオフィス全体の理解もあり、イレギュラーにも対応がしやすい職場です。


Q. 好きな言葉を教えてください
A. 「継続は力なり」
小学生のころに父から言われた言葉です。いまどき根性論なんてイケてない、古い、と思う時期もありましたが、「情熱をもつ」「諦めない」「自分を信じる」ことは、一生大切にしたいポジティブシンキングであると思っています。

Q. 人に勧める映画や本はありますか
A. 西加奈子さんの「漁港の肉子ちゃん」をお薦めします。家族についてのストーリーで、難しいことは書いておらず、ページを進めるごとに心が温かくなる内容です。人間誰しも完璧ではありません。改めて人との繋がりの中で生きていると感じられる作品です。真っ直ぐに生きる肉子ちゃんの姿に心が洗われるような気持ちになりました。

Q. 今まで行った場所で思い出の地はありますか
A. 学生時代にクルーザーに乗ってトカラ列島へ冒険に行きました。「最後の秘境」とも言われていて、限られたアクセスと手付かずの自然が残る、屋久島と奄美大島の間に位置する離島です。そのなかで沖泊した夜があったのですが、真っ暗闇の太平洋にただ一隻の船の灯りだけ。そしてその灯りにトビウオが集まり、船のデッキや周囲を飛び跳ねるんです。青魚は光り物と言われますが、まさにキラキラと光輝き、その躍動感に感動したことが今でも忘れられません。一日中波に揺られながら何もしない時間を過ごし、何もない手付かずの自然に魅了された時間でした。その場所にあった景色、風、海と草のにおい、音が鮮明に記憶に残っています。